レンタルコンテナとトランクルームの違い

荷物の保管場所を借りたいと考えた時に、トランクルームと並んで、レンタルコンテナも候補に挙がってくるかと思います。
保管場所を賃料を払って借りるのは同じですが、どのような違いがあるのでしょうか?

イメージしやすいように、弊社のトランクルームと比較してみます。

換気

レンタルコンテナ

換気設備が無い場合が多く、ご自身で定期的に空気を入れ換えないと湿気がこもりがちです。

トランクルーム レナンド

元保冷倉庫の構造を活かして、フロア毎に充分な通気性を確保しています。
換気は部屋毎では無く、建物全体の換気設備ですが、各お部屋の天井は吹き抜けになっております。
空気の流れが良く、滞留することがありませんので、結露や湿気によるカビの心配もありません。

 

温度管理

レンタルコンテナ

壁に断熱材が入っていない場合がほとんどの上、素材が鉄製です。
夏は想像以上に中の温度が暑くなりますので、保管物が熱によって変質しないか注意が必要です。

トランクルーム レナンド

元保冷倉庫を利用していますので、遮光や遮熱に優れています。
夏場でも、およそ室温は30度程度です。デリケートな品物以外であれば問題ない程度の室温です。
建物が元々持っている利点を生かし、エアコン等での温度・湿度管理を行わないことでコストダウンを実現しています。

 

セキュリティ

レンタルコンテナ

管理人が常駐していない場合が多く、気軽に出し入れ出来る反面、セキュリティ面は厳重とは言えません。

トランクルーム レナンド

営業時間中は管理人が常駐しており、夜間はセコムセキュリティにて防犯対策をしています。

 

雨ぬれ

レンタルコンテナ

屋外に野ざらしで設置されている場合が多く、荷物の出し入れの際、雨濡れの心配があります。

トランクルーム レナンド

10tトラックでの搬入が可能な屋内駐車場完備で、天候に左右されずに荷物の出し入れができます。

 

預ける荷物に適した保管スペースを選びましょう

このように、トランクルームとレンタルコンテナでは、荷物の保管環境がかなり異なります。

セキリュティはそこまで求めないので、気軽に出し入れしたい。
温度による荷物の劣化、雨濡れを考えなくてもよい荷物の場合には、レンタルコンテナがおすすめです。

 

一方、温度変化があまりない、換気設備のある場所で保管したい。
セキュリティレベルが高いところに置きたい。
出し入れの際も荷物が雨で濡れないようにしたい場合には、トランクルームがおすすめです。

 

両方が検討範囲内にある場合は、保管環境を一度見学してみるのもおすすめです。
預ける荷物に適した保管スペースを選びましょう。

ページ上部へ
見学・ご相談受付センター
06-6586-1919
WEB相談・資料請求