留学、単身赴任の間の家賃、家具の保管はどうする?

留学、単身赴任の間の家賃、家具の保管はどうする?

こんにちは、トランクルームレナンドです。
ここ数日でぐっと寒くなりましたね。

留学される学生さんや単身赴任の方など、1年以上今住んでいる賃貸物件を不在にされる場合、家財道具をどうするか悩まれると思います。
今回は家財道具一式を保管する場合の選択肢を考えてみます。

保管方法① 今まで住んでいた部屋にそのまま家賃を払って家財道具を保管する

メリット

現在の状態のままですので、保管場所を探す手間や引っ越し作業が必要ありません。

デメリット

一番費用が高くなる場合が多いです。
現在の住居はもちろん人が住む前提の物件ですので、スペースの中に家財保管には不要なキッチンやお風呂、トイレなどの設備が含まれ、その分費用が多くかかります。
長期間無人になりますので、1階などの場合はセキュリティ面にも注意が必要です。
換気が悪いとカビの心配もあります。ご家族やご友人に1~2ヶ月に1回は換気をお願いしましょう。

 

保管方法② お部屋は解約し、実家に家財道具を移動させて保管する

メリット

ご実家ですので、保管費用がかかりません。
換気やセキュリティも心配ありませんので、ご実家に保管するスペースがある場合はこちらをオススメします。

デメリット

保管場所がない場合が多い。
一人暮らしでも、冷蔵庫、洗濯機、ベッドなど家財道具はかさが大きく、保管には多くのスペースが必要です。
遠方の場合、引っ越し費用が高額になる場合があります。

 

保管方法③ お部屋は解約し、トランクルームに家財道具を預ける

トランクルームレナンドの場合

メリット

アパート、マンションに預けるよりも費用が安い場合が多い。
元は保冷倉庫として建てられている為、構造的に遮光性が高く、外気温もある程度遮断することが可能です。
建物がもともと持っている利点を生かし、エアコン等での厳密な温度・湿度の管理を行わないことでコストダウンを実現しています。
一般的なトランクルームと比べても、かなりお安い料金でご利用いただくことが可能となっています。

セキュリティがしっかりしている。
レナンドは営業時間内スタッフが常駐!女性お一人での利用もご安心いただけます。
夜間も防犯カメラ・センサーの他、セコムによる機械警備も完備しており安心してご利用いただけます。

換気システム完備なのでカビの心配がない。
マンションタイプのトランクルームなので密閉されているように見えますが、各お部屋の天井は吹き抜けになっております。
空気の流れが良く、滞留することがありませんので、湿気によるカビが発生してしまうといった心配もありません。
フロアごとに十分な通気性を確保しておりますので、結露の心配もありません。

預けるスペースを選択できる。
0.9畳~8.4畳、12タイプの個室をご用意しており、さまざまなご要望に対応が可能です。
もっと広いスペースをご要望の場合は別途お問い合わせください。

デメリット

引っ越し作業が必要。
提携引越業者様のご紹介も可能です。

あらかじめ登録した人以外は出入りできない。
こちらは手軽さでいうとデメリットかもしれませんが、メリットでもあります。
レナンドではお客様の大切なお荷物をお預かりしますので、セキュリティには最大の注意を払っております。
(レナンドは全室2ロック方式)
入館は登録利用者カード・お客様保有の鍵を事務所受付にご提出のうえ、チェック後に当社管理の鍵をお渡しします。鍵2つが揃わないと解錠することは出来ません。

 

家財道具の保管先は余裕をもって検討しましょう!!

家財道具の保管先には、毎月の賃料に加えて、引っ越し費用、初期費用も合わせて考える必要があります。
留学や単身赴任の場合、長期間預けっぱなしになる場合も多いですので、セキュリティ面もしっかり考えたいです。

預けるスケジュールが直前になると、比較検討する時間がなく、希望通りに荷物を保管できなくなる可能性があります。
高い費用を払って現状のままになったり、預けたいトランクルームの空きが無く、取りあえず空いているところに預けるしか無くなるなど。
お荷物を預けるスケジュールには余裕をもって行動するようにしましょう。

トランクルームレナンドでは、初回入庫日、ご利用予定期間、お部屋タイプ(広さ)がお決まりでしたらお見積りが可能です。
お部屋もご予約不要で見学いただけます。(見学したい部屋タイプがある場合はお電話いただいた方が確実です)
ご不明な点は何でもご相談ください!!

ページ上部へ
見学・ご相談受付センター
06-6586-1919
WEB相談・資料請求